« ナチスの暗い影ー監督と登山家の場合 | トップページ | 二人の女性飛行士-所沢航空発祥記念館 »

2006年4月13日 (木)

子連れでした

Tyuriltupu   
庭に昨年、日本海沿いの小さな道の駅で買ったチューリップが咲いています。その内の何本かは子連れでした。根に近い下のほうで子供が小さく咲いています。 そんなことで、今日は子供シリーズ。梅の木には、まだ小さな実が寄り添うようについています。スズランも沢山芽を伸ばしてきましたが、やっと蕾みがついたところです。
どれも、なんとも可愛いい子供たちです
梅の実は6月に収穫して、梅酒を造ります。梅はその年によって出来,不出来があり、梅酒の味もだいぶ差がつきます。ワインと同じですね。
今年は、良い梅酒になりそうです。果実酒は外に、1月に収穫したキンカン酒が、今熟成中です。こちらも年によって味が違います。味の違いと言えば、ブルーベリー酒ですが信州の某山の2000m付近で採取したものと、栽培種から作ったのものでは、旨さがあまりにも違いすぎます。

Suzuran

Umenomi

   

 

                  

|

« ナチスの暗い影ー監督と登山家の場合 | トップページ | 二人の女性飛行士-所沢航空発祥記念館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/9566200

この記事へのトラックバック一覧です: 子連れでした:

« ナチスの暗い影ー監督と登山家の場合 | トップページ | 二人の女性飛行士-所沢航空発祥記念館 »