2018年2月15日 (木)

東大構内で、軍都市川(国府台)を思う

Dsc03416_1024太極拳グループの、「本郷界隈と東大構内」の散策に参加しました。

 地下鉄本郷三丁目駅から、文京ふるさと歴史館-見返り坂-胸突き坂-啄木赤心館跡-東大正門-安田講堂-三四郎池-東大総合博物館-赤門前-金魚屋-本郷薬師-十一面観音座像などを巡り、昼食はホテル機山館でビーフカレーを食べました。
 初めて訪れた文京ふるさと歴史館に展示されている文京区の歴史や文学、文人の豊富な資料は見ごたえがあり、ここはまたゆっくり見に来ても良いなと思いました。
そこから文学浪漫コースと名のつけられた、坂道の多い古い情緒ある街並みを巡り歩いて、本郷通りに達し、東大を目指しました。

久しぶりに訪れた東京大学構内では、正門から入り、安田講堂を見て三四郎池から、東大総合博物館に廻り、赤門から外に出ました。
古いレンガ造の校舎を見ながら歩いていると、留学生らしい学生を多く見かけました。東大には外国人留学生は、現在3300余人も在学しており、そのうちアジア系の学生が80%以上を占めているそうです。
日本の大学で一番長い歴史のある東大は、1877年(明治10年)に東京開成学校と東京医学校が合併して、誕生しました。
実は東京大学は、ここ本郷の地ではなく、当初市川市の国府台に建てられる計画があったそうです。
正確には、明治政府は、高等教育機関として国府台大学校を計画し、国府台に広大な敷地を入手していました。開成学校と医学校を合併し、将来の大学にしたいという構想も含めて、日本の高等教育機関設立への過程があったのです。しかし、最終的には国府台大学計画は頓挫して、本郷に東京大学が生まれたのです。
大学が出来なかった国府台の敷地は、陸軍の教導団の移設から始まる、後の軍都市川としての歴史が生まれるのです。
 Dsc00040_1024僕は東大の発祥時のこれらの経緯を、国府台の陸軍用地跡に、現在も残る赤レンガ武器庫(写真左上)の保存活動を続ける友人から詳しく教えてもらいました。貴重な建築遺産としての赤レンガ倉庫については、いままで何度か書いたことがあります。
もし、国府台に帝国大学が出来ていたとしたら、この本郷はそして東大はどうどうなっていたのだろうと考えてしまいます。

Dsc03417_1024

三四郎池

Dsc03422_1024

赤門

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

オンザロック用の氷は出来たか?

Dsc03415_1024さて、翌朝の氷はどうなったか!。
朝7時。外気温は-4.5度。アルミ弁当箱の蓋を開けてみます。あれ、凍ってないぞ。
弁当箱を持ち上げて、斜めに傾けてみると水は液体のままです。外にこぼれそう。変だな全然凍っていない。
弁当箱をスチール階段の上に戻すと、この瞬間、驚くことが!

水の表面が見る見る凍り出し、あっという間に弁当箱全体に広がりました。それも表面だけでなく、中も凍り始めています。
表面全体が凍った時、体積の膨張からでしょうか、表面に雪の結晶のような模様が出来て、ピンとひび割れました。そう、小さな御神渡りが発生したのです。この間約5秒ほどです。
過冷却状態になっていた水が、弁当箱の蓋を開けたとき、振動で空気に触れて一気に凍り始めたのです。しばらく放置すると、1.5cmほどの厚みの透明な氷が出来ました。スケートリンク見たいです。(写真上、一瞬で表面に膜状の氷が張った状態)
もう少し固く凍らせようと冷凍庫にいれて完全に凍らせました。
完成です。板状の氷を割って見ました。ガラス片みたいな透明な氷です。使えます。形からオンザ・ロックとはいきませんが、ハイボールにはぴったりです。

| | コメント (4)

2018年2月 6日 (火)

今年のキンカンの実は、鳥たちにあげます

Dsc03412_1_1024
1月に二度も降った雪で小鳥たちは餌不足なのでしょうか、我家のキンカンは、ヒヨドリなどの猛攻にあって、ほとんど消えました。
ペットボトルを枝に付けておくと、鳥が来ないよと知人に教えられました。
そこで実の多く付いている枝に、ぶら下げたところ、とても効果がありました。
写真(上)では見難いかもしれませんが、キンカンの実が残っている枝に、ペットボトルが3本付けてあります。太陽光線を反射してキラキラと光り、その周りだけ、キンカンの実が残っているのがわかります。
その他の枝、とくに上の方は、食べつくされてしまって実がありません。
毎年2月の中頃、出来の良いキンカンを1kgほど選んでキンカン酒を作っていました。
梅酒ほどではありませんが、キンカン酒もまた飲みやすい果実酒だと思います。お湯割りは喉に良いし、ジンジャエールで割るとこれまた美味しいです。

でも、今年はキンカン酒作りをやめることにしました。全部小鳥たちにあげようと思います。
昨年作ったものが熟成中で、今年の飲み分は確保してあります。ペットボトルを取り外して残ったキンカンを全部、厳冬で餌不足の小鳥たちにプレゼントします。Dsc03411_1024
数日前、ヒヨドリが落としたキンカンを、メジロがついばんでいました。目がくりっとしてかわいい姿でした。メジロは、これから先、梅の花が咲くと良く飛んできて、花をつついています。

目のかわいさでは、ジョウビタキも負けていません。ジョウビタキは、キンカンは食べませんが、今年の冬は我家の庭に良く飛んできます。(写真中)。これはメスです。かなり近づいても逃げない、わりと人を怖がらない小鳥です。
今、午後10時半、室外の温度計は氷点下3度を示しています。明日の朝もかなり冷えそうです。Img_3101_1024_2
 さっき、友人から諏訪湖のお神渡りを見てきたとメールがあり、写真も添付してくれました。盛り上がった氷の帯が見えました。(写真下)
そうだ、僕も天然氷を作ろう。アルミの弁当箱に「南アルプス天然水」を入れて、庭に出しました。さて、どうなるだろう。
「氷」、そう冬山では、天幕の中は全て凍り付きます。コッフェルで雪を溶かして魔法瓶に入れたお湯だけが、凍らずに朝食に使える水となります。
さて、オンザロックの氷を夢見て眠ることにしましょう。おやすみなさい。

Img_1292


Img_1296

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

松坂投手の復活が見たいと思う

Dsc03413_1024
中日と契約した松坂大輔投手が注目されています。
平成の怪物とまで云われた投手としての活躍期待というより、肩とひじの度重なる故障で再起は難しいだろうと云われている選手が、野球を諦めず、挑み続ける姿に共感するファンが多いのではないでしょうか。
 ソフトバンクでの3年間の成績からいえば、今シーズン、突然復調することなど奇跡でも起きない限り無理だろうと誰もが思います。
僕もそう思います。でも、もしかしたらとの思いもあるのです。年俸の重圧から解放され、大好きな野球を続けられる喜びを、投球に込めてくれたら、そして野球を楽しんでくれたら、その勝利も夢ではないと思うのです。

松坂投手といえば忘れられない試合があります。
2001年9月11日の日本ハム戦です。僕はその日、東京ドームの一塁側内野席にいました。
試合内容とかではなく、その日の世界を震撼させた出来事と結びつくのです。
その日の松坂は、三振も多かったが、4球も多く、なんともピリッとしない内容で勝ち投手にはなりましたが、8回3/2を投げて降板。松坂が投げる試合だと期待したわりには、観戦していてまったく面白くない試合でした。
リリーフ投手が誰だったかは覚えていないのですが、9回に日本ハム選手にファールを打たれました。
そのボールがスタンドの壁に当たり、バウンドして座席に座る僕の膝のバックの上に、狙い澄ませたかのように一直線に飛び込んできたのです。そのボールが上の写真のボールです
ボール交換したばかりで、真新しいきれいなボールです。一か所だけスタンドのコンクリート壁に当たった擦り跡が黒く付いています。松坂の降板した後ですから、当然彼の握ったボールではありません。捕手は伊東選手でした。
僕は松坂の投げたボールだったら良かったのにと思いながら、帰宅してテレビに映る画面を見て、息子に聞きました。「何の映画」息子はまだ信じられないと云った顔で、「ニューヨクのワールドトレードセンタービルに飛行機が突っ込んだんだ」と。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

庭の梅の花が咲く

Dsc03401_1024

2月1日 22時
午後から降り始めた雨が、先ほどから雪に変わりました。窓から漏れる明かりで、庭の梅の木の枝に雪が積もってゆくのが見えます。まだ、先週積もった雪が、木の下に少し残っています。
この南高梅の木は、20年ほど前、川越喜多院の植木市で苗から購入したものです。
毎年、我家の梅酒作りに欠かせない梅の実をたくさん付けてくれます。昨年は過去最高の6.4kgもの収穫がありました。
今年も沢山の蕾を付けて、昨日から一輪一輪と花が咲き始めたところなのです。雪の影響がどうなるのか、少し心配しています。
2月2日 朝
追記
Dsc03406_1024

朝、梅の木はすっかり雪化粧していました。梅の花は同じ白色。雪に隠れて見えなくなりました。でも、凛として美しい姿に見えませんか?実は、木の選定など全く知識が無いまま、それでも見栄え良く整えているつもりです。
雪が落ちればまた、幾輪もの花が顔をのぞかせるでしょう。
Dsc03407_1024


梅の木の下に、こちらも雪をつけた二鉢のロウバイがあります。これ、西原ふれあい第三公園の斜面のロウバイの種を拾ってきて育てました。
小さな芽から、盆栽仕立てにしようと手入れして、3年目になります。
一昨日、公園に親の木を見に行きました。
先週の雪の影響でしょうか、少し色が悪いようにも思えましたが、きれいに咲いていました。我家の盆栽に花がつくのはいつなのだろう。

Dsc03396_1024

Dsc03397_1024

| | コメント (2)

2018年1月28日 (日)

-5℃くらいでは驚かない----寒い中、ルーテル市川教会へ

2018年1月28日(日)
昨日そして今日の朝の気温は-4℃からー5℃程度、寒いと言えば寒いけれど、もうこの程度の外気温では、驚かなくなりました。
25日にー8度を記録したとブログに書いて自慢?していたら、翌26日にはなんと-9.5度まで下がりました。(写真下)
気象庁のさいたま市の記録ではー9.8度とか、観測史上最低温度だそうです。
他にも、埼玉県下には最低温度を更新する場所が幾つもあり、どこも寒さに凍えています。
もうこうなれば、今冬、我家で-10度以下を観測するの事ができるか、それが楽しみになってくる心境です。
Dsc03371_1024

寒さのなか、千葉県市川市の日本福音ルーテル市川教会堂で行われた、「赤レンガフォーラム2018」の集会に行きました。
市川市国府台に残る、旧陸軍の武器庫として使われた赤レンガ建物の保存活動を継続的に進める「赤レンガを生かす会」の定例の集会です。
 http://ichibun.net/akarenga/
今回は、1955年(昭和30年)に建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計によって建てられ、2008年(平成20年)に国登録有形文化財に指定された教会堂の見学会を終えてからフォーラムが行われ3人のゲストの講演が行われました。
「ゲスト」
丸山純氏(建築史家、千葉県文化財保護審議会委員)
下間久美子氏(文化庁文化財調査官)
中島康文氏(ルーテル市川教会牧師)

丸山氏は、赤レンガ倉庫の建物を調査し、その報告と文化財的価値を語り、下間氏は全国を駆け巡って古い建物の文化財指定を推進している活動から、文化財保護行政、保存の進め方、取り組みそしてその後の活用の在り方について、大変参考になる話を聞くことが出来ました。
最後に、ルーテル教会の牧師である、中島氏が廃棄寸前だった教会堂の修復と文化財登録までに至った保護の経緯を、ユーモアを交えてわかり易く説明され、赤レンガ倉庫の保存にも通じる貴重なお話を聞くことが出来ました。
質疑と参考の意見交換では、各地で文化財保護に携わる方の実際の活動経験、それぞれの分野の専門家の話が聞けて、密度の高い活発な討論が行われました。
目から鱗の話も多く、よくぞこれだけの人材が参加されたと、主催者の活動の幅広さと努力に驚かされたフォーラムでした。
赤れんがを生かす会で活動する友人に誘われての参加でしたが、久々に文化財として保存すべき建物の保護への熱い思いを持つ方々と交流できて、僕にとって、とても有意義な時間を過ごすことが出来た夜でした。
実は、フォーラムへは、我家から2時間以上もかかる遠方でもあり、ためらわれたのですが、開催場所の市川教会堂の見学ができる魅力にも引かれて参加しました。
結果は貴重な建物内外の見学と建物ガイドの話も聞けて、これも〇でした。

教会堂の設計者のウィリアム・メレル・ヴォーリズは、一般にはそれほど名の知れた建築家ではありませんが、キリスト教の伝道の他にも多彩な活動をしつつ、かつ日本に帰化して建築家として設計事務所を主宰し、多くの優れた建物を日本各地に残しました。

(市川教会会堂の案内パンフよりコピー)
 真間山の緑を背景に、江戸川から東京湾へと蛇行して流れる真間川沿いにたたずむ教会は、この土他の人々の身近な風景となっている。
 市川教会は昭和22年(1947)、現位置からすぐ北の国府台の地にあった、宣教師工一ネ・バウラス女史の自邸で礼拝が開始されたことに始まる。
同年、陸軍砲兵隊兵舎の払い下げを受け保育園に転用し、ここで礼拝が行われるようになった。
その後現位置に移転し、昭和30年(1955)に、この白亜の教会堂が新たに建設された。
 この建物には、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが好んで多くの建物に用いたスパニッシュ様式の影響を受けた意匠が、身廊の判円アーチ窓、玄関扉、最上階の平面が絞り込まれた塔屋の構成に見られる。
創建当初の屋根は、赤色瓦であった。玄開は、銅板張りの十字架を冠する4階建の鐘楼足元にあり、その脇の花崗岩製の定礎石には建築年が刻まれている。
 列席が並ぶ礼拝空間は身廊のみの形式で、両側面に並ぶ縦長窓の型押しガラスからは、柔らかな陽射しが差し込む。
午後になると、聖壇上方の窓から自然光が入り、壁面の十字架が照らされる。
身廊の小屋組は、部分的になぐり仕上げされたキングトラスの形式をとり、要所には鍛鉄製飾り金物が取り付けられている。
 2階には、建物正面側には子供たちの日曜教室の部屋と礼拝堂を見下ろすバルコニーがある。2階から3階へと階段を登り、鐘楼に至る。そして、鐘が吊るされた4階には梯子を
登って上がる。鋳鉄製の鐘は、銘によると米国ペンシルベニア州レバノンで造られたものである。
 この建物は、比較的簡素な建築材料からなるが、かたちづくられた空開ばたいへん豊かである。外部は今までに何度か改修されているものの、堂内についてはほとんど当初からのままで継承されており、隅々まで日々の手入れがゆき届いている。
壁のペンキ塗が信者たち自身により行われるなど、自ら建物の維持管理に関わってきた。これからも年月を共にしてきた場所で礼拝を続けたく願い、次世代に健全な状態で建物を手渡せるよう、活動し始めている。
 市川教会は、定期的な音楽コンサートなどの開催を通じて、地域に聞かれた教会として知られている。(以上案内パンフより抜粋)

https://www.omi8.com/vories/



Dsc03382_1024

Dsc03377_1024
http://mosu3.blog.fc2.com/blog-entry-54.html



Dsc03384_1024


Dsc03387_1024


Dsc03385_1024

| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

寒い朝

Dsc03369_1024

2018年1月25日午前7時
埼玉県志木市の今日の我家の外部温度計はー8度を記録しました。(写真上)
北海道の親戚の人達に、「氷点下8度だぞ、水道管も凍ったよ」と話しても「なんもさ」と言われそうですが、我家の観測史上最低気温なので、自慢させてください。
1月24日の埼玉県下の最低気温はさいたま市で-8.6度、鳩山で-8.8度、久喜で-8.2度、越谷市で-7.2度と軒並み今シーズン最低を記録したそうです。
越谷市は1977年観測開始以来の最低の記録とのこと、ともかく寒いです。
ところで、1月最低と報道された、さいたま市の-8.6度は、僕が調べたところ、発表の間違いではないかと疑っています。
1月24日の記録は、次のように発表されています。
4時 -5.5
5時 -7.2
6時 -6.8
7時 -6.9
8時 -6.0
最低気温が記録されたとされる6時16分に、急に-8.6度というのは、腑に落ちないからです。ちなみにさいたま市の過去の最低気温は1978年2月2日の-8.8度だそうです。
気温の事はともかく、22日の雪は積もりました。我が家の庭も御覧の通りです。(写真下)Dsc03362_1024

Dsc03346_102422日は、太極拳のグループで、飯能の名栗川畔の店で新年会をやり、みるみる積もる雪景色を見ながら、雪見酒を楽しんでいました。(写真左2枚、清川園蜻蛉亭の窓から)

しかし、会の終了後、東飯能の駅まで戻ると、電車も遅れており、駅の風景も、激しい降雪の中、白一色の世界に信号の赤色が二つ、まるで北国かと思わせる景色でした。
(写真一番下)
Dsc03350_1024早めに切り上げたので、無事に戻れましたが、もう少し遅い時間だと、かなり難儀したところでした。




Dsc03357_1_1024

| | コメント (4)

2018年1月21日 (日)

埼玉県議会で自民党、県民会議に原発再稼働を進めるよう強く要望させた団体とは

2017年12月22日(金)に埼玉県議会で「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を求める意見書」が採択されたことについて、県内外から激しい抗議の声が上がり、撤回を求める運動が埼玉県内で広がりつつあります。(年明けから「採択に抗議する市民の会」などが、署名運動を進めています)
本会議で賛成した議員は、埼玉県議会自由民主党議員52名と県民会議8名ですが、全員賛成の自民党議員の中からも、本部からの要請と聞いているし、事前の論議はほとんどなかったと、反響の大きさに戸惑いの声も聞こえるとのことです。
この意見書の提案議員は、自民党議員が10名と県民会議1名の計11人です。         
諸井真英(東第2区 羽生市)自民党 日本会議
須賀敬史(南第19区 蕨市)自民党 日本会議
立石康広(南第2区 川口市)自民党 日本会議
新井一徳(南第15区 北本市)自民党 日本会議 
神尾高善(北第4区 深谷市・美里町・寄居町)自民党 日本会議
田村琢実(南第6区 さいたま市見沼区)自民党 日本会議全国議員連盟副幹事長 
本木茂(西第4区 狭山市)自民党 日本会議
宮崎栄治郎(南第10区 さいたま市南区)自民党 日本会議
小谷野五雄(西第8区 日高市)自民党 日本会議

野本陽一(東第3区 加須市)自民党
石川忠義(東第4区 久喜市)県民会議所属

11名の議員の顔ぶれを見ても分かるとおり、10名の自民党議員のうち、9名は日本会議地方議員連盟の会員で占められています。
石川忠義議員が所属し、意見書に賛成した県民会議の所属議員8名中、わかっただけで3名は日本会議の会員であり、我が志木市選出の鈴木正人議員も日本会議埼玉本部の活動に熱心に取り組んでいます。
ただ、石川忠義議員は会派の議会運営委員として意見書提出の代表者になっただけで、実際には、会派代表の鈴木正人議員など日本会議系の議員が自民党議員の協力者として、意見書作成の補助的推進役であったと推察しています。県民会議議員団は、こういった意見書作成などの実務は苦手な議員が多いのです。
意見書を提出した自民党県議団の田村琢実政調会長は、この意見書提出は、支援団体からの要望によるものとしています。

団体名を聞かれたある自民党議員は、「それは言えない(実際には知らない)」と答え、東京新聞にも、どんな団体から、どんな要望があったのかと聞かれた田村氏が「お答えする義務はない」と回答を拒んだと報じられています。

考えるに、要望した
支援団体とは架空の存在で、そんな団体は初めから無かった。
自民党本部から通達される県議会運営の方向性や、意見書採択の可能性を問う資料に含まれていた一項に過ぎなかった原発再稼働に前向きに取り組んでほしいとの要望に飛びつき、
最近の再稼働に向ける動きの加速に同調し、原発再稼働に執心する安倍政権に覚え目出度くなりたいと考えたのでしょう。このあたり、日本会議系の議員のブログなどを読むと、その傾向と視点が読み取れます。
全国の県議会中でも、日本会議系の議員が多数を占める自民党埼玉県議団なら、全国に先駆けて数の力でこの程度の意見書、可決できるとの自信の表れでしょう。
そこには、この意見書可決の持つ意味の重さ、県民、そして全国の原発に反対する組織や人達の反発、福島原発被災者の驚きなどを、配慮する思慮深さなど微塵もかんじられません。
なぜ、原発立地県でもない埼玉県議会が唐突にこんな意見書を可決したのか、原発に反対する活動を続けている埼玉県人として残念なことです。
先の衆院選では、豊田真由子氏で埼玉が一躍脚光をあびることとなりましたが、今度は埼玉県議会ですか。
全国の県議会中、右派系議員が多い埼玉県議会なので、無い物ねだりになりますが、せめて国連で採択された、
核兵器禁止条約に対し、日本政府に条約への署名や批准を求める意見書」の可決なら、埼玉県民として誇りに思うことが出来るのですが。
すでに全国の百以上の地方議会で、意見書が可決されているのです。県議会レベルでも、岩手県が最初に可決しています。原発再稼働推進の意見書を可決した、県議会など埼玉県以外には、聞いたことがありません。

埼玉県議会の定数は93名、欠員が7名で現議員は86名です。その中で自民党は52名と6割を独占しています。
前回の埼玉県議選の投票率は、
37パーセントしかありませんでした。県民の総意が反映されている状況ではないのですが、自民党は数の力で、原発推進などというおかしな意見書を、やすやすと可決してしまいます。
自民党に対抗できる勢力をも増やしたい。それには選挙で反映させるしかないのです。選挙の投票率をせめて50パーセントくらいにしたいものです。選挙に行きましょう。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

落ち葉が問題---でも、枝を切るのにも限度が

Dsc03319_1024僕の住む志木ニュータウンは、街区名に、中央の森、東の森、南の森などとつけられているように樹木、植栽の多い団地として知られています。
その分、落葉の季節ともなれば、大量の落ち葉が舞い落ちて、清掃の人達を悩ませます。毎日、毎日落ち葉掃きとその処理に追われるのです。
もう、清掃の限界となれば、解決策は枝を切って、落ち葉の量を少なくすること。
これしかない、こう結論付けて、枝を伐採すると、こういう風景を見ることになります。
実施したのはニュータウンの一部の街区ですが、明日の我が街区の姿になるかもしれません。
伐採により、日当たりが良くなる住居からは、喜ばれているかもしれませんが、しかし、それにしても、これはやりすぎではないかと思う伐採です。大げさに言うと丸坊主。電柱のようにされた木がかわいそう。樹木のこんな姿は見たくありません。
雪がふれば、住民から雪かき隊を募るように、落ち葉の季節は落ち葉除去隊を編成する。そして落ち葉掃除機の購入も検討する。30万円ほどで、リヤカータイプの掃除機がありますから、労働力の軽減を考えれば、高い買い物ではないと思うのです。
Dsc03322_1024












Dsc03324_1024

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

グアムの美しいアウトリガーカヌー

Dsc02919_1024

(グアム島の夕暮れ。一艘のアウトリガーカヌーが鏡のような海面を走っていた。絵のような光景だった)(写真は全てクリックすると拡大します)

Dscn0276_1024日本カヌー連盟が、ライバル選手間の薬物混入で揺れています。カヌー競技の知名度が、前代未聞の事件で上がってしまった事は残念なことです。
カヌーで、思い出すのは、昨年いったグアム島で、美しい風景と流麗なアウトリガーカヌーを見たことです。
フロートの付いたカヌーを間近に見たのは初めてでしたが、白、青、赤、緑と鮮やかな塗装と、その美しい船体に見とれてしまいました。

Dsc02921_1024_2

Dsc02826_1024


Dsc02823_1024

P_20171003_143721_1024


P_20171003_143745_1024

Dsc02828_1024
Dsc02825_1024


パセオ公園の美しいカヌーに見とれてしまいましたが、この場所を訪ねたのは、別の目的がありました。
旧日本軍のトーチカがまだ、残っていると案内書に書かれていたからです。地図に示された場所を探して海岸線を辿ってゆくと、草に埋もれるように崩壊しそうなコンクリートの塊がありました。
海に向かって建てられたトーチカの残骸でした。
1944年、旧日本軍のグアム守備隊の9割以上、2万人余が戦死した戦争の傷跡が、目の前に現れたのでした。観光客で賑わう島に、ひっそりと残るトーチカ跡。このトーチカにこもった兵隊は、どうなったのだろう。平和な島に遊んでも、悲しい戦争の事を忘れてはいけないと思うのでした。


| | コメント (0)

«草加松原の松並木---おくのほそ道の風景地を訪ねて