2020年6月23日 (火)

智光山公園の花菖蒲

Dsc06735_1024 新型コロナ感染拡大の3月以降、志木市の我家から見上げる空がとてもきれいになりました。
昼の青空だけでなく、夜空の星が良く見えるのです。
以前は街の明かりに邪魔されて2等星くらいしか見ることはできませんでしたが、今は同じ条件でも目をこらせば4等星くらいまでは見ることが出来ます。
志木市上空を飛ぶ航空機もめっきり減りました。
戸外で行う太極拳は、演技中ほとんど空を見ています。
以前は日本海方向に向かって高空を飛んでいた旅客機、そして飛行機雲を見上げることも度々ありました。それが消えてしまったのです。
世界中の旅客機の8割が減便だとか。コロナ禍によって、航空機による空の汚染を改めて考えさせられることになりました。

6月12日
年金者組合の軽ハイキングに12名ほどが参加し、埼玉県入間市の智光山公園の花菖蒲を見てきました。
西武新宿線の入間市駅までは、東武東上線で川越市駅で乗り換え、約40分ほどの距離にあります。志木市からは割と近いのです。
駅前からバスに乗り20分で、終点の智光山公園に到着しました。
実は智光山公園を訪れるのは、僕は初めてで、存在すら知らなかったのです。
驚きました。これほど広大で自然豊かな大公園が、市街地にあるとは。総面積53.8ヘクタール、東京ドーム約11個分の広さがあるそうです。
バス停から、花菖蒲園を目指しましたが、園内には小路が多く、案内標識が少ないこともありやや迷いました。入間市の人達には、案内板など必要ないくらいに親しまれている公園でしょうが、初めて訪れる人には、簡略な園内案内図ではわかり難いなと思いました。
ちなみに、広さで、1ヘクタールとは100m角の正方形で、良く広さの基準にされる東京ドームは約4.7ヘクタールで、100m角が約5つあると思えば良いでしょう。するとこの智光山公園は、100m角が54個もあるわけで、その広さがわかります。
武蔵野の自然を良く残した園内の散策は、案内標識などに囚われないほうが良いのかもしれません。
10分程歩くと、花菖蒲園が見えてきました。これも驚いた。今日は良く驚かされます。上の写真(クリックすると拡大します)に見られるように、今を盛りと花開いた花菖蒲が目の前いっぱいに広がっているのです。これは凄いね!みんなの感想です。
しばらく花菖蒲園の周りの散策路を歩き、花菖蒲がもう一ケ所咲いているという、九頭竜池を目指しました。
ここからの散策路が、武蔵野の雑木林の道で、雰囲気がとても気に入りました。
閉鎖されていましたが、キャンプ場もあるんだ、釣り堀まであるぞと感心しながら歩いていたら、見事なバラ園があり、色とりどりのバラが迎えてくれました。
これだけのバラがみられる所は、志木市周辺にはありません。
そしてその先には、今度はアジサイが。花菖蒲を見に来たのに、バラとアジサイまで見られてよかったねと皆さん喜びました。
九頭竜池脇の花菖蒲は、数こそ2600株もある花菖蒲園には及びませんが、こちらの方が野の風景と言った感じで、また趣がありました。
この花菖蒲を見ながら久しぶりの野外でのお弁当を楽しみました。
花菖蒲観察は、雲空か小雨が良いと聞きましたが、本当に曇り空からパラパラと小雨が降りだしたので、元来た道をバス停に戻り、今日の軽ハイキングを終わらせました。
また来たいなと思う、素敵な自然公園でした。
Dsc06745_1024 Dsc06741_1024_20200623174701 Dsc06740_1024_20200623174701 Dsc06738_1024_20200623174701

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

今日、カワセミを見ました

Img_0416-1_1024 今日、4か月ぶりに柳瀬川探鳥会に参加しました。
なんとカワセミを見つけました。
柳瀬川の高橋近くの川べりの枝に止まっていました。一羽だけでした。
今日は、他にもキジ、コサギ、チュサギ、ダイサギ、キジ、コチドリ、オオヨシキリなども見ることが出来ましたが、やはりカワセミの美しい姿を見ると、嬉しくなります。
コロナ禍で、外での活動を控えていましたが、先週は入間市の智光山公園に花ショウブを見に行き、少しづつ活動再開です。

| | コメント (2)

2020年6月 2日 (火)

「アベノマスク」本当にこのお二人、大丈夫か!

Dsc06725_1024
 我家にもアベノマスク届きました。やっとお目にかかることが出来ました。
当初は配布のドタバタに、何がどうなっているんだと惑わされ、かたや466億円なる巨額な経費(最近発表ではマスク調達費184億円、配送費76億円)にエッと驚かされたりしていました。
 国に先駆けて各家庭にマスク10枚を素早く配布した北海道で、雪降る中を黙々とポストを巡る配達員の雄姿をテレビで見て、これだと飛びついた官邸官僚のお粗末な発案に、かくも日本中が右往左往させられたかと、なんともやりきれない感じです。
 ここにきて、批判回避に躍起な安倍首相、菅官房長官の発言には、やりきれなさどころではない、このお二人、正常なのかと心配してしまうのです。だって、この発言、まとまな頭で考えたとしたら、国民との意識のズレが大きすぎます。
 一国の総理と官房長官たるものが、状況とあまりにかけ離れたことを平気で口にする、その上に戦果?を誇る。こんなお二人に危機管理など任せたら、ノモンハンの二の舞必死ですよ。
アベノマスクの配布意義を聞かれて
菅官房長官「品薄状態が解消されて、店頭で販売されている値段も大幅に安くなってきている」
「次なる流行にも十分反応できるよう、布製マスクを多くの国民が保有することに意義がある」
安倍首相「布マスクは、需要の増大を抑える大きな効果が期待できる」
 安倍首相のマスク姿を見て、この方が洗濯して使いまわしているとは思えないのですが、それにしても他の閣僚たち、なぜアベノマスクを使わないのですか。
配達された家族三人に、たった2枚のマスクを見ていると、なんだかこの国の将来は如何にと、暗澹とした気持ちになってしまいます。罪なマスクです。

 

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

検察庁法改正に反対します

#検察庁法改正に反対します。

 検察幹部の役職定年を、それも「内閣が定める事由があると認められたとき」などと、検察人事に内閣が堂々と介入できるような特例延長法案を、国家公務員、検察官の定年延長の中に潜り込ませて、早急に成立させようとすることに反対します。

強行採決などするようなことがあったら、次なる選挙で、自民党、公明党には、一票たりとも投票しない世論を湧き立たせます。
検察幹部の役職定年に政権が影響力を及ぼすことに、目が向けられていますが、全ての法案をコロナ禍の混乱の中で、成立させようとするような「悪巧み」はやめて欲しい。まだまだ、国家公務員、検察官の定年延長についても、議論を深めるべきだと思います。
併せて、政権としては、もう定年延長しちゃたもんねと、してやったりと思っているだろう黒川検事長の自主的な退職を、国民の一人として強く望むものです。
 検事総長への熾烈な競争を生き抜いてきたわけですから、あと一歩のところまで来ているポストに執着するのも分からないではありません。
しかし、定年延長されても、政権の言うような「検察庁の業務遂行上の必要性」 が特にあるとは思えない東京高検検事長の椅子に居座る事で、延長の7月までに、年収2800万円もの給与の5か月分が支給されるのです。(ちなみに退職金予想額7500万円)
  もしも政権の思惑通り、7月に検事総長になると、年収2900万円です。(退職金も上乗せされます)これが最低でも2年間となると、下種の勘繰りと言われようとも、このままで、名誉、権力だけでなく金に目がくらんだと思わざるをえません。

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

大野埼玉県知事----いくらなんでも対応が悪すぎませんか

NHKがTVで報じていました。

「軽症」と自宅待機の男性 死亡
04月22日 18時57分
新型コロナウイルスに感染し、軽症だとして自宅待機中だった埼玉県白岡市の50代の男性が死亡したことが関係者への取材でわかりました。
 埼玉県内では病床がひっ迫していることなどから、感染が確認された人の半数以上にあたる370人が自宅での待機を余儀なくされています。
複数の関係者によりますと、死亡したのは白岡市に住む50代の会社員の男性です。
 男性は今月11日に発熱や味覚障害などを訴え、2日後の今月13日に肺炎の症状が出たためPCR検査を受けたということです。
その結果、今月16日に感染が確認されましたが、軽症だとして入院できる病床が空くまで自宅で待機することを余儀なくされていました。
 21日午前9時すぎ、男性の父親が連絡が取れないことから男性の自宅を訪ねたところ倒れているのを見つけ、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。
 男性の死因は、新型コロナウイルスによる肺炎とみられるということです。
 埼玉県内では、新型コロナウイルスで今回の男性も含め16人が死亡していますが、県は遺族の意向などを理由に入院していたかどうかや死亡に至る経緯について明らかにしていません。
 埼玉県内では病床がひっ迫していることなどから、20日までに感染が確認された676人のうち、半数以上の370人が自宅での待機を余儀なくされています。

大野もとひろ埼玉県知事殿
自宅待機中の新型コロナ感染者が、自宅で一人寂しく死亡したとの報道、詳細はわかりませんが、これはとても悲しいことです。
埼玉県の新型コロナウイルス感染拡大の対応が、あまりに遅く、感染者の自宅待機の人数が多すぎます。
伝染病であることの恐ろしさと理解が足りないのではないですか。
リーダーシップに良いところがまったく見当たりません。苛立ちばかりが募ります。
もう2月初めから、感染拡大が懸念されていたのに、あなたは何を考え、どんな指示していたのですか。スピード感、臨戦態勢が求められている状況に対する緊張感が感じられません。
選挙であなたを支持、応援したものとして、とても残念です。
私の地元の2つの広報誌の4月号に書いた記事を、下記に転載します。
字数が限られているので、思うことの半分も書いていませんが、切実な気持ちで書きました。
ちなみに、志木市市議会議員選挙の活動で相談したい事があり、4月初めに県の新型コロナウイルス感染症県民サポートセンタに電話しましたが、朝9時半から30分ごとに電話して、やっとつながったのが午後4時、そこで教えられたのが朝霞保健所の電話番号だけ。
朝霞保健所もつながらず、翌日は土曜日で、土日は保健所は休みですという音声と、県民サポートセンターの電話番号が流れるだけでした。
頼みの綱の保健所が、土日は休みですは、まずいでしょう。街の医療機関も休みで、即応が出来ないと言うのに。
さいたま新都心のスーパーアリーナの活用は検討しましたか。防衛政務官の経歴があるあなたなら、御存じでしょうが、自衛隊には、衛生隊という医療専門部隊があります。東部方面隊の野外病院隊、救急隊との連携はどうなっていますか。

〇志木ニュータウン瓦版「聞いて聞いて」原稿
 「自宅療養なんて無茶です」
桜を見る会に至る、相次いだ数々の疑惑や不祥事、そして新型コロナウイルス汚染拡大では、オリンピックがらみの対処の遅れと的外れな愚策、まさに「悪夢のような安倍政権」です。
厚労省の都道府県への指示では、感染が拡大すれば、PCR検査陽性の軽症者も自宅療養とするそうです。
埼玉県では、病床不足のために、約100名(当時)の感染者が自宅待機中と報道されています。
介護する家族の健康管理や、患者の体調急変時の対応等の具体策も整わないまま、私たちに自宅療養が求められます。
個室の確保に、トイレは別ける。医療用マスクや手袋の着用と除菌の徹底。介護による感染防止の細かい決まりなどを守るだけでも難しいと思うのに、第一、家族が外に出ることも、ごみを捨てることも許されないのが現状では、生活できますか。
自宅療養なんて無茶でしょう。

〇年金者組合志木支部広報誌「ねんきん志木」原稿
「志木市の4月14日の発表で感染者が10名に増えたようよ」
「10、30代と若い人も多いね」
「入院できているのかしら」
「埼玉県では、感染症の病床が少なく、100人以上の自宅待機者が入院先を探している」
「事実上の自宅療養じゃないの。家も狭いし、家族に感染するわ。買物にも行けないし、無理よ」
「県内でも、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を、病院が溢れると、意図的に少なくした保健所長もいる」
「医療崩壊と結び付けたようだが、これは間違っていると思う。医療崩壊以前の問題なんだ」
「医療体制の整備と、仕組みが作られていないことね」
「開業医の先生とか、基幹病院の先生方とか、そういった医療機関に対する国や自治体からのきちっとした診断の流れ、すなわち指針がまるで出来てない」
「感染が疑われるような症状が出ても、どこに行ったらよいかわからない人が多いと思うわ」
「地域ごとに専門の発熱外来を作り、そこで新型コロナ感染を疑われる人たちを詳しく検査して軽症者は施設に隔離する。重症者には診療と医療資源を集中させる」「診療希望の人が集中することで感染が増えて、かえって危険だとも言われてるわ」
「検査数を増やすのは、不安をあおるだけで有用性がないと言う専門医もいる。でも止まらない感染拡大に不安を募らせる県民に、検査数を増やす方法を考え対応し、かつ患者収容施設の準備や診療施設を整備するのが、自治体の急務だと思う」
「埼玉県は全てに遅れてるわね」
「診療の話が出たが、感染が疑われる場合の実際の流れを、志木市のHPから調べてみたよ」
一、先ず埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンターに連絡をとる。 (0570-783-770)
二、次に朝霞保健所の帰国者・接触者相談センターに電話する。 (048-461-0468)
三、センターに相談する目安は
(1)風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続いている方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)(高齢者、疾患のある人は2日)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある 
「実際には、県民サポートセンターの電話は、混雑して繋がることが難しい。朝霞保健所も同じだが、なんと土日が休みだ」
「電話できても、1、2 の症状以外の人が検査を受けたり、専門病院を紹介することは出来ないと伝えられるのがおちなんだ」
「ではどうしたらいいの」
「疑わしい症状が出たら、まずかかりつけ医、もしくは近くの医療施設に直接行かず、必ず電話すること。発熱外来があればなお良い。医師との連携なくして、保健所の管轄する専門診療に進めないのが埼玉の実情だ」

 

| | コメント (5)

2020年4月21日 (火)

ネモフィラ

Dscf6986450x338


茨城県ひたち海浜公園の530万本のネモフィラの花が満開なのに、閉園されているため訪れる人がいないとテレビで報じられていました。
今年は植え付け面積をさらに増やし、見渡す限り青い花畑が広がっているようです。青い海原のような景観を丹精込めて作ったスタッフの方々はさぞ残念な事でしょう。この青い色の花を咲かせるネモフィラはインシグニスブールと呼ばれる品種だそうです。
このネモフィラと同じ品種かはわかりませんが、我家でも3月に知人から分けてもらった数本の苗が、いま青い花を咲かせています。Dsc06679_1024

 

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

カタクリの花を見ました----埼玉県小川町へ

Dsc06661_10243月30日(月)
カタクリの花を見てきました。
 埼玉県では、都内への外出自粛要請を求められているさなか、どうしようかと迷いました。所属する年金者組合のハイキング計画です。
でも、来年見られるという保証のない年齢と、都心とはまったく逆方向の郊外へ向かうのだから好いだろうと、自分に言い聞かせ7名の仲間と出発しました。
場所は、東武東上線の小川町駅から、バスで10分程のところにある、「カタクリとニリンソウの里」です。
幸い、東武東上線は、7人掛けの座席に1人づつ座れるくらいの乗車率、埼玉伝統工芸会館前までのバスもガラガラで、濃厚接触の心配無しでした。
カタクリとオオムラサキの林、そしてカタクリとニリンソウの里にも、観光客の姿はほとんどなく、静かな里山風景を楽しんできました。
前日の日曜日に予定されていた恒例のカタクリ祭りも中止になったのです。
ここは、昔の小川町の里山風景を甦らせようと、地域の住民の保護活動により、カタクリの大きな群生地がよみがえったのだそうです。
休日で閉館されている伝統工芸会館の駐車場から歩き始め、槻川にかかる橋を渡って、西光寺に参拝し、そこから右方向へカタクリとオオムラサキの林、そして戻って逆方向のカタクリとニリンソウの里へのコースを、ゆっくりと歩きました。
カタクリの花は、盛りを過ぎたとはいえ、斜面いっぱいに咲いて、期待に応えてくれました。カタクリの花の傍らで咲くニリンソウの白い花も見ることが出来ました。
昔はもっと身近に見られたそうですが、乱獲や土地開発、里山の荒廃で、減少してしまい、今や絶滅危惧種にも指定されるカタクリの花です。
バス停近くの、散策路周りに、これだけの群生地を甦らせてくれた、地元のカタクリ愛好会の皆さんに感謝します。

Dsc06663_1024カタクリとニリンソウの里で

 

 

 

 

 

Dsc06672_1024 伝統工芸館前のバス停近くにあった民家。桜などが満開で絵のような里の風景を見せてくれた。

| | コメント (4)

2020年3月29日 (日)

うぐいすを撮りました

Img_0385-1
我家の前の公園で、3月初め頃からウグイスが鳴き始めました。初めはおぼつかない鳴き声でしたが、今ではホーホケキョときれいに鳴いています。
  鶯の 覚束なくも 初音哉 正岡子規
春告鳥の名のように、春になると決まって鳴き声を響かせてくれるのですが、とくに今年は朝から晩まで、じつに良く鳴いています。
日本三鳴鳥と聞いたので、他の鳥はなんだろうとWikipediaで調べてみました。
ウグイス(ホーホケキョ) オオルリ(ピリーリー) コマドリ(ピンカララ)と書かれていますが、僕はオオルリ、コマドリは、多分聞いたことはありません。
さて、我家の周りのウグイスですが、鳴き声は聞こえても、姿を見ることが出来ません。なんとか写真に撮りたいと追いかけていたのですが、なかなか見つけられませんでした。
 先週の金曜日の朝、太極拳をしている僕たちグループの近くで、梢を見上げては、鳴くウグイスの写真を撮ろうとしている少年に会いました。
その翌日の土曜日、やはりウグイスを追いかけているその少年がいました。二日間も、小さなデジカメでウグイスを追っているのです。
そして、少年の願いはかなったのです。嬉しそうに帰ろうとしている彼に「写真は撮れたの」と聞くと、恥ずかしそうににこっと笑ってうなずいたのです。
「そうか、良かったね。僕もやってみるよ」その少年の熱意に、僕の諦めかけていた気持ちがよみがえりました。
そして、撮れたのがこの写真のウグイスです。あまり良く写っていませんが、それでも僕が我家の周りで、初めてカメラに収めた貴重な一枚になりました。

| | コメント (2)

2020年3月27日 (金)

柳瀬川桜開花状況その4----満開ですが今週末はさすがにお花見は無理? オリンピックは早く中止の決断を

Dsc06594_320 新型コロナウイルス感染拡大で、埼玉県でも公共施設の閉鎖、行事の中止、外出自粛など規制が厳しくなりつつあります。
 そんな中柳瀬川土手は、例年通り満開の桜が青空に映えて美しく、毎日、ここに集まる人達を魅了しています。
今週の日曜日も、多くの人たちが、川原で楽し気にお花見の宴をしていました。(写真左)
でも、今週末は大野県知事が県民に外出自粛を呼びかけたこともあり、あいにく天候も悪そうなので、さすがにお花見客は少ないのではないかと思います。寂しい春になりました。
 ところで、オリンピックの延期が決まったら、なぜか世の中、急に慌ただしく騒がしくなりました。
ここで、はっきりもの申します。
延期論は全く無理です。断言します。
日本での新型コロナウイルス感染拡大が、4月末までに終息に向かわなければ、IOCの思惑など無視して、主催国として、はっきりとオリンピック返上を世界に発信しましょう。もう、日本はオリンピックどころではなくなりましたと。
当初、7千億円での開催経費が3兆円にまで膨らんだ東京オリンピックです。
 来年まで延長すると、さらに5千億いや8千億の追加の経費が必要になるかもしれません。
新型コロナウイルスの影響で、日本でも類を見ない経済悪化が現実のものとなってきました。
医療崩壊、都市封鎖などが取りざたされ、国民生活や経済に甚大な影響が及ぼす事態も想定され、その上緊急事態宣言までちらつかされたら、オリンピック開催など能天気でしょう。
もう、国民の税金をオリンピックに使われるのは嫌です。
4年に一度のオリンピックを、利権や政治的思惑などから無理筋、前例のない延期などに持ち込み、オリンピックの精神を冒涜するのはやめましょう。
今、この局面でこそ、日本はオリンピックなどにとらわれず国民の命、そして健康と生活を守る姿勢を最重要課題として、取り組まなければ、さらに悲惨な未来が待ち受けます。状況からみて、オリンピック出場を危惧する、オリンピックに選手団は送れないなどと他国から云われる前に、なるべく早く「オリンピックの中止決断」を。

 

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

2020年柳瀬川桜開花状況その3----5分~7分咲きです

Dsc06584_320

 

 

 

 

 

3月21日(土)
今日の柳瀬川土手の様子です。東武東上線の柳瀬川駅近くです。
埼玉県朝霞土整備事務所のお花見宴会自粛のお願いもなんのその、かなりのお花見客で賑わっていました。庶民は強しです。
 ただ、例年ならば、会社、団体などのグループが、前日や朝早くからブルーシートで席取をするのですが、さすがに今年は見られませんでした。
家族連れ、小グループが多いようで、まあ、今日の人出の状態は例年の4割程度と見ました。
花は5分咲きから木によっては7分咲きといったところでしょう。かなりきれいです。
この天気が続けば、3月25日か26日には満開でしょう。

| | コメント (0)

«2020年柳瀬川桜開花状況その2---三分咲きです